新製品 RaspberryPi用I/O増設装置。

新製品の案内です。
ピンクボックスコンピューター株式会社と有限会社ムーブの共同開発「PI-MO Project」第一弾として、「PIMO RASPI IO EXPANDER」を開発しました。

IoTコンピューター「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」に接続することを想定して、MicroChip社のI/OエキスパンダーIC「MCP23017」を2台搭載したボードです。
主にRaspberry Pi 3B+での使用を想定していますが、ワンボード・マイコンArduino(アルデュイーノ)や教育用マイコンIchigoJam(イチゴジャム)との接続も考慮されています。I2Cが搭載されたPICでも使用可能です。

2002年発売の初代「情報収集機ピンクボックス」の後継機としての使用を想定しています。
性能は2002年版ピンクボックスとほぼ同じで大幅に小型軽量です。

特徴:

・1枚で32点、4枚スタックで128点のI/Oを増設可能。
・本体のGPIOもそのまま使用可能。
・Raspberry Pi の3.3V電源容量を節約するため5V系で動作。
・Raspberry Pi との接続は3.3VのI2Cを使用します。
・出力16点にトランジスタアレイ搭載可能。
・トランジスタアレイ使用で100mAまでの5Vリレーを直接接続可能。
・トランジスタアレイを使用せず全点入力接点に使用することも可能。
・基板だけで販売できるようにハンダ付けしやすいDIP部品を使用。
・I2C用接続ピンを、5V用と3.3V用に各3ポート実装。
(ArduinoやIchigoJamでの使用時には空きポートが減ります)
・Arduinoで3.3VのI2Cを使用する際は3.3V電源IC搭載可能。
・起動ボタン(使い方注意)付き。
・安全に関わる装置には使用しないでください。

2019年前半に販売開始予定です。
少量生産予定ですので、価格は基板の予約注文枚数(予約数が多いほど1枚単価が安くなります)により異なります。まとまった数が必要な際はご相談ください。

カスタマイズ、ソフトウェアの受託開発も承ります。