遠隔I/O装置

Raspberry Pi(ラズベリー パイ)など、ネットワークアダプタとI/Oピンのついたマイコンにソフトウェアを入れることにより、ネットワーク越しに遠隔でI/O操作を行うことが可能です。

制御盤に接続するとなると電圧(マイコンは5Vか3.3Vで制御盤は24V)や許容電流の制限がありますので、外付けI/Oボードを作成もしくは購入してレベル変換をすることになるかと思います。

比較的少ない接点数で、

・遠隔リモコン
・遠いところにあるセンサーにつなぐ
・遠いところにあるもののスイッチをいれる。

などに使用しますが、追加回路とソフトウェアで点数を増やす方法もあります。

電源のないところでは5V系のセンサとPoE(Power over Ethernet)給電機能を使用すると便利かもしれません。

IoT・マイコン応用 ソリューション
制御盤の操作機情報入力機情報参照端末インテリジェントセンサー遠隔I/O装置制御盤の接点をデータベースにつなぐ装置Raspberry Pi(ラズベリー パイ)Arduino(アルドゥイーノ)レガシー・マイコン超小型Windowsパソコン