制御盤の操作機

Raspberry Pi(ラズベリー パイ)は、HDMIのモニタ出力と、USBでキーボード・マウス、それにLANと接点・A/Dでの入出力があるため、電気回路とネットワーク上のデータベースを接続することが可能であり、また画面操作も行うことができます。

これに特注のソフトウェアとI/Oボードを作成し、制御盤に組み込んでインテリジェントな機能を付加することが可能になります。

・数値入力
・パスワードロック
・画像での確認
・グラフィカルな操作
・ログの表示・参照
・しゃべらせる
・アナログジョイスティック制御
・メール発報
・生産管理システムとの接続
・Wi-Fi経由でスマホからアクセス

なども考えることができます。
音声入力、ジェスチャ入力などは、2016年の時点では信頼性が高く使い勝手の良いパッケージは現れていませんが、理屈の上ではできそうですので数年すれば実用化されているかもしれません。


IoT・マイコン応用 ソリューション
制御盤の操作機情報入力機情報参照端末インテリジェントセンサー遠隔I/O装置制御盤の接点をデータベースにつなぐ装置Raspberry Pi(ラズベリー パイ)Arduino(アルドゥイーノ)レガシー・マイコン超小型Windowsパソコン