LAN工事

imgp0845

最低限のLAN工事機材は保有していますので小規模なものなら「ついでに」やってしまいますが、機械配線と建物の配線は別技術ですので、「きちんとしたものが必要な場合(だいたいの場合です)」は、電気工事会社の職人さんを連れていきます。

もしくは、建物にに詳しい(建物を作った)業者さんに線を引いていただき、先っちょにコネクタや盤をこちらでくっつける、という方法もあります。

配線検知器はありますが、確実ではありませんし、ドリルで傷をつけてしまうと大変ですし、復旧費用は別費用でお願いすることになります。

ノイズの多い環境で「鉄管配線」をするとなると、建物管理の話にもなります。

費用は、監督・配線工1人5万円(税別)、助手3万円(税別)、プラス材料費・出張費(実費)です。

ネットワーク・ソリューション
LAN構築機器設定WAN・VPN構築LAN工事無線LAN