PC-9801 系 システム

当社では、PC-9801 / PC-9821 / FC-9801 上の「MS-DOS」か「N88-BASIC(86)」で動作するシステムのリニューアル案件も手掛けています。
いまどきPC-9801で新規開発を行うことが低コストだとは思いませんので、ある程度の解析を行い「基本的に現在の環境で作り直し」をすることになるかと思います。

当時の古い技術資料などもまだ当社に残っていますので、PC-9801のシステムを解析し、Windows等の現在の環境に移す作業などに使用できます。

制御系のプログラムは書くより読むほうが難しく、かつて書いた人たちが引退しちゃってるような古いプログラムは「改造するより新しく作ったほうが安い」ため、古いシステムは捨てて作り直すものですが、「あと10年は使いたい高額な装置の制御」に使われている場合はそうもいかず、解析して「互換性を残した設計で新しく作る」ことになるかと思います。

対応ハードウェア PC-9801/PC-9821/FC-9801シリーズ
またはEPSON社製PC-9801互換機
対応インターフェース RS-232C / パラレルポート / ジョイスティック
インターフェイス社製FAボード
対応OS MS-DOS
N88-BASIC(86)
対応言語 Borland-C / Turbo-C / MS-C
N88-BASIC(86)・DISK-BASIC・DOS版

FC-9801上のTRONで動作していたシステムを、入出力をハードウェアキャプチャして、ブラックボックス的に同等のものをLinuxで再現したことがありますが、相当、工数がかかりました。