PiMoラズパイIO増設ボード

IoTコンピューター「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」に接続することを想定して、MicroChip社のI/OエキスパンダーIC「MCP23017」を2つ使用して入出力接点を増設するボードです。

主にRaspberry Pi 3B+での使用を想定していますが、ワンボード・マイコンArduino(アルデュイーノ)や教育用マイコンIchigoJam(イチゴジャム)との接続も考慮されています。I2Cが搭載されたPICでも使用可能です。このボードは有限会社ムーブ(大阪府堺市)との共同開発製品です。

2002年発売の初代「情報収集機ピンクボックス」の後継機としての使用を想定しています。
性能は2002年版ピンクボックスとほぼ同じで大幅に小型軽量です。

特徴:

・1枚で32点、4枚スタックで128点のI/Oを増設可能。
・本体のGPIOもそのまま使用可能。
・Raspberry Pi の3.3V電源容量を節約するため5V系で動作。
・Raspberry Pi との接続は3.3VのI2Cを使用します。
・出力16点にトランジスタアレイ搭載可能。
・トランジスタアレイ使用で100mAまでの5Vリレーを直接接続可能。
・トランジスタアレイを使用せずジャンパーで全点入力接点に使用することも可能。
・基板だけで販売できるようにハンダ付けしやすいDIP部品を使用。
・I2C用接続ピンを、5V用と3.3V用に各3ポート実装。
(ArduinoやIchigoJamでの使用時には空きポートが減ります)
・Arduinoで3.3VのI2Cを使用する際は3.3V電源IC搭載可能。
・起動ボタン(使い方注意)付き。
・安全に関わる装置には使用しないでください。

用途:

・既存の制御盤に外付けするIoT装置として
・PCやサーバーの遠隔I/Oとして
・とにかく接点数の多い検査機(電気製品やハーネスの検査機など)の制御に
・「Node-RED」などを用いてIoT対応の簡易PLCに
・4ピンQI(2550)コネクタを挿し、下記のような入力1出力1の集計機に。
→ 装置や在庫品棚のナースコールに(異常・欠品の通報・通知に)
→ スチールラックサーバーの遠隔電源ボタンに
→ 1枚あたり16点(最大64人)の「早押しボタン機」などのゲームに
→ 光るボタンを見つけて押す反射神経測定器などのスポーツ科学に

IoT高火力I/O(入出力)基板

PiMoラズパイIO増設ボードそのままでもDC5Vの小型リレーの駆動は可能ですが、外付けのI/O基板を接続することにより24Vフォト絶縁入出力・パワートランジスタ駆動の高火力で使用することも可能です。DC24VのオムロンMY(LY)リレーや電磁接触器やソレノイドバルブの駆動も可能です。

IchigJamの「こどもBASIC」で制御できるものとしては、最高火力級かと思います。

カスタマイズ、ソフトウェアの受託開発も承ります。

お問い合わせは、メールフォームから、または  072-259-2185(担当:和田)まで。